Seishin

精神訪問

ご利用者様と近い距離での訪問看護

精神疾患等によってご自宅での服薬や健康状態の観察などを必要とあれている方々に寄り添い、看護師が訪問したうえで症状の安定や改善を図るためのケアをいたします。グループホームに併設する形で運営しており、精神障がいによって居住されているご利用者様の良き理解者となることを一番の目的として、更なる支援の強化につなげられるよう、一人ひとりの心に寄り添った看護を行います。

  • 精神科訪問看護ステーション
    「ファミリーナース」とは

    精神科訪問看護ステーションは、看護師が自宅に訪問し症状の観察や服薬の援助、日常生活等における助言や援助、相談などを行うものです。精神疾患に罹患する方々の症状安定・改善のためのケア、服薬・通院継続のための関わり等により、地域生活の継続に効果があります。まるでファミリーのように打ち解けあい、支えることのできる看護を目指しております。

  • 一歩先の訪問看護へ

    ファミリーナース船橋では、自社の併設する障がい者グループホーム「わおん」に居住する精神障がいのご利用者様の良き理解者となることを第一の目的としております。グループホームの支援スタッフと密に連携をとり、ご利用者様の日々の変化を柔軟にキャッチし、訪問看護を通してご利用者様に対する支援を強化する役割を担っております。

    通常の居宅を訪問する訪問看護とはちょっと異なり、通常、訪問の際には「ピンポン」をしません。夕方以降であればホームに入っていくと世話人が暖かく迎えてくれます。そんな暖かい雰囲気のなかで、ご利用者様の不安や悩みに触れ合い、次回の診察で主治医に聞くべきことなどを一緒にまとめる、そんなご利用者様との距離がとても近い、一歩先の、かゆいところに手が届く看護を目指しております。看護師としても、必要時にはご利用者様との通院同行を通じて、主治医にご利用者様の代弁者として現在の課題を医師に伝え、医師からの指示事項をホームのスタッフに適切に伝達するという、通常訪問看護ステーションに努める看護師は病院勤務の時とは異なり医師他スタッフとの距離が遠くなるところ、プロフェッショナルとしての役割を発揮できる場がここにはあります。

    そして、精神病院から退院して地域の住まいであるグループホームを次の住まいと決めるご利用者様。早期退院が推奨されるなか、それまでの病院での環境とは異なる環境でのスタートに不安も覚えます。退院前の病院とのカンファレンス、支援者との担当者会議にも積極的に参加して、一人ひとりのご利用者様の地域での日常生活を通じての幸せに向き合います。
  • 自分らしさを出して働きたいあなたへ

    精神科訪問看護ステーション、ファミリーナース船橋では、正看護師、准看護師、作業療法士(OT)の正社員・非常勤者の求人を行っております。とても幅広い業務を任されますので、責任感や達成感が強い仕事です。やりがいを求め、一人ひとりのご利用者様に向き合いたいという方からのお問い合わせをお待ちしております。正社員・パートと、好きな働き方が選択できるため、自分のスタイルに合わせて働きたい方にも適しています。職場はアットホームな雰囲気で、グループホームのスタッフとのチームワークを発揮しながらすすめる仕事ですので、初めての方もすぐに馴染める環境です。一歩先の訪問看護へ。一緒にチャレンジしませんか?